よくある質問

お客様からよく寄せられる質問を掲載しています。ここに掲載されていないような質問がありましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

  • 成年後見とはどんな制度ですか?
高齢になり、判断能力が低下した場合や、認知症、知的障害、精神障害になった人を法的に保護していく制度です。
たとえば、不動産を売買したり、介護施設への入所や入院の手続きをする場合、判断能力が低下していれば自分で行うことは簡単ではありません。そこで、これらの手続きを第三者がサポートするのが成年後見制度です。
  • 成年後見にはどんな種類がありますか?
成年後見には、判断能力の違いによって、大きく分けて2つの種類があります。1つは任意後見制度といって、判断能力が十分あるうちに、将来の判断能力が下がった際に備えて、あらかじめ後見人を選任しておくものです。
もう一つは法定後見制度といって、すでに判断能力が低下している場合に利用できるものです。また、この法定後見制度については、さらに判断能力に応じて、補助、保佐、後見の3段階の支援内容を選ぶことができます。
  • 成年後見制度を利用したいのですが、費用はどれくらいかかりますか?

任意後見制度、法定後見制度にかかる諸費用は以下のページを参考にしてください。
https://fukushima-souzoku.jp/price/

  • 成年後見制度の手続きにははどれくらいの期間がかかりますか?
個々の案件によってかわってきますが、成年後見の申立てから法定後見の開始までは、約2ヶ月から3ヶ月かかります。
  • 成年後見制度を利用するときには、どのような手続きが必要になりますか?

成年後見制度を利用するには、申立書や必要書類を作成して、家庭裁判所に「後見」、「保佐」、「補助」の申立てをします。

申立書に記載しなければならないのは、財産、収支状況、申立事情などになります。この申立ては、本人の住所地の家庭裁判所に申立てることになります。

  • 支援する人はどのようなことをするのですか?

家庭裁判所から選ばれた人(後見人・保佐人・補助人)は、本人の財産を管理したり、契約などの法律行為を本人に代わって行います。また、本人が健康的な生活を維持していく上で必要と考えられる介護サービスや治療行為を受けられるように、与えられた権限の中で手配していく必要があります。成年後見人はその仕事を家庭裁判所に報告して家庭裁判所の監督を受けることになります。

  • 後見人の任期はいつまで続きますか?

後見人の任期は原則として、本人が亡くなるまで続きます。後見人をやめるには、家庭裁判所の許可を受ける必要があり、正当な理由なしにはやめることができません。

成年後見に関する無料相談受付中! 成年後見に関するこんな疑問はありませんか?
  • どんな場合に精度を利用できるの?
  • リスクはあるの?
  • 費用はどのくらいかかるの?
お気軽にお問い合わせ・ご予約ください
こんなことも相談できるのかな?
相続には関係ないんじゃないかな?と相談をお悩みの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

〒960-8001
福島県福島市天神町2番12号1階

 

名称福島相続・遺言あんしん窓口
商号司法書士・行政書士 福島福太郎法務事務所
代表者渡辺福太郎(わたなべふくたろう)
免許番号司法書士(福島県第793号)
法務大臣認定司法書士(第1737008号)
行政書士(第19051174号)
社会福祉士(第156556号)
所在地〒960-8001 福島県福島市天神町2番12号1階
TEL024-573-6141
FAX024-573-6142
ホームページ

福島福太郎法務事務所
https://fukushima-legal.com/

福島相続・遺言あんしん窓口
https://fukushima-souzoku.jp

所属団体福島県司法書士会
福島県行政書士会
業務内容相続手続き(遺言作成・相続放棄など)
不動産登記(不動産売買・贈与など)
商業登記(会社設立・役員変更・商号・目的変更など)
裁判書類作成(訴状・答弁書作成など)
簡裁訴訟代理(過払い請求など)
ご対応地域福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市など福島県全域対応可能
営業時間月曜日~金曜日 AM9:00~PM18:00(土日祝日を除く)
※ご予約を頂ければ土、日、祝日も承ります
アクセスマップ